判断が難しい高次脳機能障害は弁護士に相談するべき!

2月 21, 2020

交通事故に遭った際の後遺障害は、全てが簡単に判断できる症状とは限りません。
なかには医師でも診断が難しく、専門機関の受診が必須となることもあります。

このような症状の代表格とも言えるのが、高次脳機能障害です。
交通事故によって生じる後遺障害のなかでも、高次脳機能障害は症状の判別が難しく、明確な自覚症状を持っていない患者も多いと言われています。

高次脳機能障害の判別を難しくしている理由は、大多数の患者に共通する明確な症状が定義されていないためです。
例えば、交通事故に現れる記憶力や集中力の低下が、交通事故による後遺障害かどうか因果関係を証明することは困難です。

しかし、これらの症状は高次脳機能障害による可能性もあるため、交通事故に遭った際はどんな小さな違和感でも見逃さずに医師の診断を受ける必要があります。
もし高次脳機能障害について分からないことがあれば、専門家である弁護士にどのような対策が必要なのか相談してみてください。

まだ交通事故問題で弁護士を選んでいないのであれば、高次脳機能障害に強い弁護士ならオールイズワンがおすすめです。
高次脳機能障害の症状はあるが、画像診断などで認められなかったり、等級が低いなどの悩みをきっと解消してくれます。

Posted by admin