交通事故で高次脳機能障害の症状を自覚した場合は?

交通事故で頭部を負傷した際などは、高次脳機能障害の症状が見られる場合があります。
しかし、高次脳機能障害は日常生活の軽度な違和感として見過ごしてしまう場合があるため、きちんと診断を受けておくことが求められます。
最も注意しておきたいのが、自覚症状が少ないにもかかわらず、家族や友人から交通事故後の変化を指摘された場合です。

自分では気づかないうちに高次脳機能障害を発症している可能性がありますので、周囲の声にも耳を傾けて治療の有無を判断しましょう。

また、交通事故から時間が経ってから高次脳機能障害の症状を自覚した場合は、交通事故を手掛ける弁護士へ相談してみてください。
多くの事例を解決へ導いてきた弁護士なら、交通事故から時間が経ってしまった案件でも相談に応じてくれます。

ただし、スムーズな解決を目指すためには交通事故から時間が浅い方が有利ですので、交通事故の被害に遭った際は早めに弁護士へ相談しておきましょう。