高次脳機能障害は裁判基準の賠償が必要

交通事故で受けた後遺障害の中でも、高次脳機能障害は診断が難しいと言われています。
専門の脳外科医でも正しい診断に至らないことがあるため、より多くの患者を手掛けてきた専門医や検査施設の整った病院で診察を受ける必要があります。

これらの条件を満たした診断を受けたうえで、高次脳機能障害でどのようなハンデを負ってしまったのか明確にすることが必要です。
そして、これらの診断に至るためには、医師との連携を行っている弁護士へ相談してみてください。

交通事故の賠償問題を数多く手がけている弁護士なら、提携している医師の診断を通じて的確な後遺障害の等級認定を得ることができます。
さらに、高次脳機能障害などの後遺障害について、裁判基準と呼ばれる算出法で賠償金額の交渉に臨んでもらえます。

弁護士に依頼することで裁判基準による賠償金が得られますので、交通事故で負った高次脳機能障害をきちんとカバーするためにも、示談交渉の前に相談を欠かさないようにしましょう。