交通事故による高次脳機能障害の保障は受けられる?

交通事故で明確な脳障害が認められなくても、身体面や精神面に不調を感じる場合は高次脳機能障害の可能性があります。
特に交通事故に遭う前と比べて違和感が残るような場合は、高次脳機能障害を疑ってみた方が良いでしょう。

しかし、高次脳機能障害は専門の医師でも診断が難しく、交通事故との因果関係を証明することは困難と言われています。
そこで、交通事故による高次脳機能障害を立証したい場合は、弁護士に相談してみると良いでしょう。

交通事故案件を数多く手がけている弁護士であれば、交通事故によって高次脳機能障害が生じたことを様々なアプローチで証明してくれます。
場合によっては複数の医療機関を受診することで、第三者からも明確に症状の内容が判断できるよう書面化してもらえます。

高次脳機能障害の保障についても交渉してもらえますので、交通事故に遭った後に日常生活に違和感や不調をきたしている場合は、正当な保障が受けられるようになるでしょう。